新居へ引越したときの出来事

元々実家暮らしだった自分は、自分の部屋を自分の好きなようにアレンジし、 のんびりと暮らしていたのですが、色々な出来事があり、 こんな自分でも結婚する機会に恵まれることとなりました。 さすがに、実家に呼ぶわけにはいかないので、新居を探し、 狭いけど良い感じの賃貸住宅を発見しました。さて、それからが引越し作業との戦いになります。 まず、今まで引越し経験がない自分は引越しを甘く見すぎていました。 ずっと自分で買って揃えてきていた本等は、段ボールに詰めて自分で持っていけるやろ、 と思っていたのです。自分の部屋にある洋服タンスもそう。購入時は頑張って部屋に運び込んで組み立てたので、なんとかなると思っていたのですが、現実は違いました。

そもそも2階の自分の部屋から外へ荷物を出すのがすごく大変。特に家具系は全く歯が立ちませんでした。 そういった事態になってしまったので、ここはやはりプロにお願いするしかない、と引越しができるところに連絡を入れ、早速来てもらい作業してもらいました。さすがはプロということもあり、手際よく凄い勢いで荷物を運んでくれました。これには、蚊帳の外からただただ眺めることしか出来ませんでしたが、引越し専門業者の凄さを身にしみて感じることが出来ました。そうしているうちに、自分ではほとんど進まなかった引越しがあっという間に終わりました。本当に、引越し業者の方は凄いと思った出来事でした。 https://www.sou-un.jp/